FC2ブログ
--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_07
10
(Wed)01:38

徒桜 あとがき

遅くなりました
あとがきです~

だらだらと言い訳とか設定とか書いております





徒桜を最後まで読んでくださってありがとうございます

途中かなり夕鈴の態度にイライラさせられたかと思いましたが
何とか終わりを無事迎えることができました

本編22話プラス番外編2話の計24話になりました
相思華を超える長さと相成りました
このお話にお付き合いくださってありがとうございます

さてタイトルにある徒桜ですが
儚いという意味合いがあります
番外編のタイトルにもしましたが
親鸞上人の『明日ありと思う心の徒桜 夜半に嵐の吹かぬものかは』ですね
これは明日も咲いているだろうと思っていた桜も
夜のうちに嵐が吹いて明日にはどうなっているかも分からないという
世の中の無常だとか1日1日を大切にすると言う今日と言う日を大事にと言う意味が込められています
切な系ハッピーエンドを目指しました(いつものこと?)

まあ最初は夕鈴が狙われて~その暗殺者を夕鈴が庇ったらどうなるか?
という一番最初の構想からできたものなのですが
当初に書いて居たように陛下の存在が薄い!(笑)
まあ絡みは夕鈴と怕のがメインにしていたため仕方ないとは言えますが
だって陛下じゃ 刺客が来た→捕える→終わり ですもんね

さて怕の性別ですが最初から女性と決めていました
でないと夕鈴がああも大胆に行動するわけがないと思っていたので
夕鈴があそこまで庇った理由は怕が女性だったからなんです

身体に大小さまざまな疵を作ってまで成し遂げたいものとはなんなのか
最初の方にそれとなくとある所で驚いたと匂わせていたんですが気付かれなくて何よりでした
気付いてた方は居るのかな~

ちなみに陛下が気付かなかった理由としては
怕とはほとんど対峙をしていないんですよね
顔を合わせるとしたら暗殺しにきて対決していたりとかの
血なまぐさい場面ばかりなので気付かなかったと言う設定にしました
剣戟の重さとかはもともと華奢な体格なので
素早さを生かした戦い方をするんだろうと考えてそう重要視しなかったと言うところで

それに仕事する時はたいてい全身を覆う服を着ていますし
胸なんかもさらしで巻いているので気付けません
その分浩大は怕を拘束したりして身体に障っているので気付いていました
知っているだろうと言う体でいたので暗黙の了解と言う事で
性別について特に話す事が無かったのが陛下の敗因でしょうか(笑)

なので意図的に怕のことを彼と言う言葉で表すのを避けていました
本編然りコメント返信しかりで
探して確認してもらえると分かるはず(笑)
だから怕を男性と思って読まれていた方は
再度女性だと思って読んでいただければ
夕鈴の行動の一端を少しばかりは理解してもらえるかな~と
まあそれでも許されることでもないんですが

うふふ浮気じゃないんですよ~(爆)オンナノコ同士なのですよ!

なので女性と言う事で少しばかり怒りの矛先を失った陛下は
後の夕鈴へのお咎めもちょっとだけ優しくなりましたとさという

さて登場人物である怕ですが
先ず漢字の持つ意味から怕と名前を付けました
可怕としてつかわれていると怖いと言う意味なんですが
本来はおおよそとかだいたいとかと言う意味を持つ漢字です(笑)
そして本名の楊華ですが本編ではほとんど使われることなく
下手したら陽の目も浴びないんじゃないんだろうか…と言う懸念は大当たりのため
急きょ後日談と言う事で番外編を書かせていただきました

まあ弟の名前が楊達ですからね!
其処らが明らかになったあたりで「?」と思った方はいらっしゃるかもしれません

切な系のお話になりましたが最終的にはハッピーエンドと言う事で
結局そう言った話が好きなんだな~と

今回は本編更新に合わせて小話も補足として書かさせていただきました
シリアス回のときはどうしたものかと悩んでましたが
本編の話が話しなのでなるべく明るくなるように~を
心がけて書いていきましたけどね。結構楽しかったです

さて次回ですがまだ何にも考えていません
いや、次回作と思わしきものは書いては居るんですが
話が 暗い んです(これもいつものことか(泣))

詳しい内容は言えませんがまあ夕鈴を苛めて苛めて苛めまくってます(え)
わーちょうしりあすーな感じに出来上がりつつあるので公開に悩んでます
まあでも私が書く話なのでそこまで深くとらえなくてもいいかと言うかなんというか
(結局のところどっちだ)

そして設定はすでに夫婦と言う設定にするつもりなんですが
R話は何処までのものが皆様に理解されるかなんですよねえ~
それを挟むかどうかでも迷ってますが

まだそこまでの部分も書いては居ないのですが
こう言った話しは拒否反応示される方が多いだろうなあと
もしこの先公開して、ももひろち最低!なんて思わないで頂けたらありがたいです
まあ二次創作ですしね、その時は寛大な心でもって読んでいただけたらなと

ではではしばらく燃え尽き症候群でございます(笑)
しばらく更新が途絶えることもあるかと思います(おーい)

とりあえずはできたお話といただいたリクエスト話を書いて
そうしたらしばらくおやすみ…になるかもしれません


スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。